本文へ移動

長崎ケーブルメディアの歩み

沿革

1986年(昭和61年)
10月 長崎ケーブルテレビジョン株式会社設立(長崎市勝山町37番地)
11月 ケーブルテレビ事業開始(長崎市中心総世帯の41%並びに長与町高田郷の一部)
 ※地元地上波4局(NHK総合、教育、NBC、KTN)、福岡地上波4局、熊本地上波1局、自主放送1局
計10ch(アナログ放送)
1987年(昭和62年)
4月 郵政省施設設置許可(開局) 許可番号(第42003号)
1988年(昭和63年)
12月 1988年12月単年月の加入件数が1,000世帯を記録。
1989年(平成元年)
10月
 多チャンネルコンバータ(アナログHT)開始 CSチャンネルを加え 10ch→15ch放送へ
 〃 自主放送スタジオ稼働、自主制作番組を本格的に開始
1990年(平成2年)
4月 地元民放第3局再送信開始(NCC)
1991年(平成3年)
4月 地元民放第4局再放送開始(NIB)
9月 台風19号(りんご台風)災害の復旧作業
1992年(平成4年)
10月「TVQ九州放送」再放送開始
1994年(平成6年)
3月「ケーブルテレビ」加入 30,000世帯超
1996年(平成8年)
12月 自主放送用スタジオリニューアル、放送機器デジタル化
1997年(平成9年)
3月「加入金0(ゼロ)」キャンペーン開始 (以降、加入金は撤廃)
1998年(平成10年)
1月「ケーブルテレビ」加入 45,000世帯超
1999年(平成11年)
3月「HFC伝送方式」開始(光ファイバーケーブル敷設 幹線系30km)
2000年(平成12年)
6月 第一種電気通信事業許可 許可番号 九第10号
10月 社名を「株式会社長崎ケーブルメディア」へ変更
12月「BSデジタル放送」開始
2001年(平成13年)
1月「ケーブルインターネット」サービス開始
3月 長崎市議会 定例会本会議の放送(生中継)開始
2002年(平成14年)
6月「ケーブルテレビ」加入60,000世帯超
7月「ケーブルインターネット」加入10,000件超
2003年(平成15年)
11月「ケーブルインターネット」30Mサービス開始
2004年(平成16年)
3月「福岡民放4局」アナログ放送終了
8月「IP電話」サービス開始
2005年(平成17年)
12月「長崎ファイバーネットワーク」構築開始 (県内のケーブル事業者と光回線を構築)
2006年(平成18年)
12月「地上デジタル」サービス開始
2007年(平成19年)
2月「東そのぎグリーンテクノパーク」へ光サービス開始
2008年(平成20年)
1月「列福式」(ビッグNスタジアム)生中継
2月 環大村湾 自社専用回線完成
9月 長崎~福岡間 自社専用回線完成
2009年(平成21年)
3月「コモンシティ住吉の杜」光サービスを開始(エリア初の光サービス)
6月 長崎~東京間 自社専用回線完成
 〃第35回日本ケーブルテレビ大賞番組コンクール
  グランプリ「長崎くんち 新大工町 曳壇尻YOYASE!町と男と心意気」
8月 稲佐山(長崎市)の「LIVEコンサート」を東京へ映像配信
2010年(平成22年)
1月 長崎〜福岡間 冗長回線(通信/映像)完成
4月「HD専門チャンネル」5ch 自主多重方式にて開始
10月 多チャンネルコンバータ(アナログHT)サービス終了
2011年(平成23年)
7月「地上波」「BS波」アナログ放送後、「デジアナ変換」放送を実施
2012年(平成24年)
5月 本社社屋移転(長崎市筑後町5番8号へ)
2013年(平成25年)
2月「ケーブルプラス電話」サービス開始
6月 ncmWi-Fiスポット「えぬスポ!」のサービス開始
  ※長崎電気軌道(路面電車内および電停)、JR長崎駅前(かもめ広場)
2014年(平成26年)
10月「長崎がんばらんば国体」セーリング映像伝送(10/13~10/16)
2015年(平成27年)
3月「デジアナ変換」サービス終了
 〃「ながさきけーぶるスマホ」サービス開始
 〃 全エリアの「光化事業」開始(長与町緑ヶ丘団地より光切替開始)
12月第4回ヒストリーアワード クランプリ 「天主堂の祈り」
2016年(平成28年)
5月第53回ギャラクシー賞(2015年4月~2016年3月)
  報道活動部門奨励賞 「ながさき原爆記録全集①〜⑮」
2017年(平成29年)
6月第54回ギャラクシー賞(2016年4月〜2017年3月)
  報道活動部門優秀賞「ながさき原爆記録全集〜戦略爆撃調査団編〜」
9月第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード2017 ※三部門全て受賞
  グランプリ総務大臣賞 「ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編集編~」
  コンペティション部門 奨励賞 「天高く三頭の龍が舞う町~長崎くんち筑後町龍踊~」
  4K部門 4K技術賞 「NAGASAKI水中散歩~タツノオトシゴと鮎〜」
2018年(平成30年)
5月第55回ギャラクシー賞(2017年4月~2018年3月) 
  報道活動部門優秀賞「かえる先生のいきもの交遊録」
11月第38回「地方の時代」映像祭2018
  審査委員特別賞(全部門中) & ケーブルテレビ部門優秀賞「かえる先生のいきもの交遊録 総集編」
12月「新4K8K衛星放送」開始
2019年(平成31年)
10月「光ケーブルインターネット」10Gサービス開始
2020年(令和2年)
3月 地域BWAサービス基地局免許取得(長崎市、長与町、時津町)
12月「ながさきスマートネット(地域BWA)」 サービス開始
2021年(令和3年)
3月「NTTdocomo光タイプC」サービス開始

制作番組受賞歴

ギャラクシー賞
2013年テレビ部門奨励賞「潜伏〜果てしない祈り~」
2016年報道活動部門奨励賞「ながさき原爆記録全集①〜⑮」
2017年報道活動部門優秀賞「ながさき原爆記録全集〜戦略爆撃調査団編〜」
2018年報道活動部門優秀賞「かえる先生のいきもの交遊録 」
2020年テレビ部門 奨励賞「ながさき原爆記録全集第56回特別版」
「地方の時代」映像祭
2012年ケーブルテレビ部門優秀賞「見つけたよ!〜かえる先生のいきもの交遊録~」
2013年ケーブルテレビ部門優秀賞「潜伏〜果てしない祈り~」
2014年ケーブルテレビ部門優秀賞「海の砂漠~磯焼けと長崎の海~」
2016年ケーブルテレビ部門優秀賞「分組さよならの春」
 〃ケーブルテレビ部門選奨賞「かえる先生のいきもの交遊録〜ツシマウラボシシジミの物語〜」
2018年ケーブルテレビ部門優秀賞、全部門中 審査委員特別賞「かえる先生のいきもの交遊録 総集編」
日本ケーブルテレビ大賞番組アワード
2009年グランプリ 「長崎くんち 新大工町 曳壇尻YOYASE!町と男と心意気」
2012年河瀨直美特別賞「見つけたよ!〜かえる先生のいきもの交遊録~」
2013年企画番組部門奨励賞「潜伏〜果てしない祈り~」
2014年
企画番組部門優秀賞「ヨッシリヨイサ~万屋町 鯨の潮吹き~」
2016年4K部門4K映像表現賞「長崎クルーズ客船奮闘記」
2017年グランプリ総務大臣賞「ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編集編~」
 〃コンペティション部門 奨励賞「天高く三頭の龍が舞う町~長崎くんち筑後町龍踊~」
 〃4K部門 4K技術賞「NAGASAKI水中散歩~タツノオトシゴと鮎〜」
2018年準グランプリ「かえる先生のいきもの交遊録 総集編」
2019年コミュニティ部門 優秀賞「家族の記憶 アルバム写真からのヒストリー~料理研究家 脇山順子さん~」
2020年コミュニティ部門優秀賞「NAGASAKI水中散歩~総集編~」
ケーブルテレビ九州番組コンクール
2009年企画番組部門 優秀賞「長崎くんち 新大工町 曳壇尻YOYASE!町と男と心意気」
 〃定時番組部門 優秀賞「華舞う日々〜blogでつながるココロ」
2010年企画番組部門 グランプリ「シャギリに育つ」
 〃定時番組部門 グランプリ「菜のはな咲いて〜現川のこどもたち〜」
2011年定時番組部門 準グランプリ「長崎くんち東濱町〜俺たちの竜宮船」
2012年企画番組部門 グランプリ「見つけたよ!〜かえる先生のいきもの交遊録~」
2013年地域情報番組部門 準グランプリ「この坂のぼれば 特別編」
2014年企画番組部門 グランプリ「ヨッシリヨイサ~万屋町 鯨の潮吹き~」
 〃情報番組部門 優秀賞「こだわりしんちゃんのみかん」
2015年企画番組部門 準グランプリ「海の砂漠~磯焼けと長崎の海〜」
 〃レギュラー番組部門グランプリ「 美Japan 天主堂の祈り」
2016年企画番組部門 準グランプリ「分組さよならの春」
2017年レギュラー番組部門グランプリ「天高く三頭の龍が舞う町~長崎くんち筑後町龍踊~」
2018年レギュラー番組部門 優秀賞「長崎くんち~南蛮船にのって~」
 〃特別・特集番組部門 準グランプリ「龍の眼の化身~びいどろ吹きの親子の物語〜」
2019年特別・特集番組部門 準グランプリ「日本百菓の旅 ~長崎平戸カスドース~」
2020年バラエティ・情報番組部門 優秀賞「つなぐ」
ヒストリーアワード
2013年準クランプリ「潜伏〜果てしない祈り~」
2015年クランプリ「天主堂の祈り」(33分版)
2016年入選「分組さよならの春」
4K・VR徳島映画祭
2015年地域作品賞「 美Japan 天主堂の祈り」
2020年一般部門 ドキュメンタリー賞「acoya 琴の海、真珠の海の物語」
ncmご契約者様限定コンテンツ
TOPへ戻る