本文へ移動

ニュースリリース

<開催中>空想画家 岡本泰彰「恐竜絵画展」〜生物の未来を考える〜
2024-02-03
注目オススメ
「僕が見ている世界をご一緒に。」 
長崎市西海市出身の芸術家『岡本泰彰さん』による絵画展を長崎市恐竜博物館で開催しています。 

長崎市恐竜博物館を訪れ、インスピレーションを受けて描いた10mを超える恐竜の作品、捕食・被捕食の関係性を描いた作品及び環境破壊の問題を提起した作品などの約50点の絵画を展示しています。 

大迫力で幻想的な岡本さんの世界を是非ご覧ください。

【開催期間】2024年2月3日(土)〜2024年3月10日(日)
【開館時間】9:00〜17:00(最終入場は16:30まで)
【休 館 日】2月5・6・13・19・26日、3月4日 
【会  場】長崎市恐竜博物館 企画展示室
【料  金】 200円(大人・子ども)
※常設展チケットをご提示の方は無料で入場可。
詳しくは長崎市恐竜博物館のWebサイトをご覧ください。
☆ワークショップ☆ 
「岡本さんと恐竜絵画を描こう!」
様々な技法を使って、絵の具などで
自分だけの恐竜絵画を描いてみましょう!

【実施日】2月3日・11日・18日・23日・25日
     3月3日・10日
【実施時間】①11:00〜 ②14:00〜
【所要時間】40分 程度
【参加費】200円/1人
【場所】企画展示室内 ワークショップ会場 
※定員がございますのでご了承ください。

<岡本泰彰氏プロフィール>
西海市出身の美術作家。独学で絵画をはじめ、2001年にロンドンへ。
その後、スペインやカナダ等での制作活動をへて、2009年からニューヨークへ。
2019年ベルリン滞在後に帰国。現在は国内で制作活動中。

主  催:長崎市恐竜博物館
共  催:長崎ケーブルメディア
後  援:NBC長崎放送、ワイヤーママ長崎、NCC長崎文化放送、長崎新聞社
協  力:アニマルプラネット
ncmご契約者様限定コンテンツ
TOPへ戻る