インターネットサポート

Windows Live メール 2012

Windows Live メールを含む、Windows Essentials 2012は、2017年1月10日にMicrosoft社のサポートが終了しました。
新たにメールを設定する際は、Microsoft Outlookや、Mozzila Thunderbird等別のメールソフトへ設定をお願い致します。

新しくメールを設定

メールの設定を行う前にインターネットに接続できているか確認してください。
インターネットに接続できていないとメールの送受信は行えません。

メールの設定

Windows Live メールを起動します。


※初めて起動した場合、下図の『自分の電子メールアドレスを追加する』画面が表示される事があります。

▼下図の表示が出た場合手順3へ進んでください。
▼下図の表示が出ない場合手順2へ進んでください。

手順1の説明図
.

画面上部のメニューから【アカウント】を選択し、【電子メール】をクリックします。

手順2の説明図
.

下記のように設定します。

電子メールアドレス 「電子メールアドレス」を入力します。
パスワード 「メールパスワード」を入力します。
※●●●で表示されます。
※【パスワードを保存する(R)】にチェックを入れると、送受信の度にパスワードの入力の必要が無くなります。
表示名 任意のお名前を入力します。
手動でサーバー設定を構成する チェックを入れてください

下部の【次へ】をクリックします。

手順3の説明図
.

下記のように設定します。

サーバーの種類 「POP」または「IMAP」を選択します。
受信サーバーの
アドレス
[POPの場合]mail.cncm.ne.jp と入力します。
[IMAPの場合]a-mail.cncm.ne.jp と入力します。
※「セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)」はチェックを付けないでください。
次を使用して認証する 「クリア テキスト」を選択します。
ログオンユーザー名 メールアカウントを入力します。
※以前のメールアカウント("@"が"%"のもの)でもそのままお使いいただけます。
送信サーバーの
アドレス
[POPの場合]mail.cncm.ne.jp と入力します。
[IMAPの場合]a-mail.cncm.ne.jp と入力します。
※「セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)」はチェックを付けないでください。
※IMAPで設定する際は、「認証が必要(A)」にチェックを付けてください。

下部の【次へ】をクリックします。

【POPの場合】

手順4の説明図(POPの場合)

【IMAPの場合】

手順4の説明図(IMAPの場合)

【IMAP設定の注意事項】
・メールソフトによっては、メールアカウント設定をIMAPに変更を行った際に受信済みのメールを削除してしまう場合があります。既存の設定でお使いいただくことをおすすめ致します。
・IMAPでの受信メールはパソコンに保存されません。マイページで設定された保存期間の設定(初期30日間)を過ぎると削除されます。また、容量(初期1GB(1000MB))を超えると新しいメールが受信できなくなりますのでご注意ください。

.

設定完了です。
【完了(F)】を選択します。

手順5の説明図
.

以上でメールの設定は終了です。

目次へ戻る

メールの送受信テスト

メールの設定がきちんとできているか確認するために、
自分のアドレス宛にメールの送受信テストを行います。

Windows Liveメールを起動します。

.

画面左上の【電子メールメッセージ】をクリックします。

手順2の説明図
.

『メッセージの作成』の画面が表示されます。

1 「宛先:」には、自分のメールアドレスを入力します。
2 「件名」には、メールの題名を入力します。テストメールですので適当に入力してください。
3 本文を入力します。テストメールですので適当に入力してください。

すべて入力を終えたら、「宛先:」と「件名」の左側の【送信】をクリックします。

手順3の説明図
.

次に受信を行います。
画面右上の【送受信】をクリックします。

手順4の説明図
.

送信したメールが受信されていたら、正しく送受信が行われています。

手順5の説明図

以上でメールの送受信テストは終了です。